スポーツ障害について

tel_sp.png

スポーツに打ち込むジュニアを心身両面からサポート

スポーツをがんばっているジュニアは、痛みがあってもそれをなかなか口にすることができません。
しかし、ケガは早期発見・早期治療が鉄則です。1日でも早く治療することで痛みがなくなるのも早くなり、競技のパフォーマンスが上がって、試合にも勝てるようになります。
競技できる期間も伸び、成人後に長く競技を楽しむことも可能です。

こんな症状に悩まされていませんか?

  • 足をひねり、その後も痛みがある
  • 首をひねり、その後も痛みがある
  • 腰をひねり、その後も痛みがある
  • ボールを投げるとき、ひじや肩が痛い
  • ラケットを振ると、ひじや肩が痛い
  • ジャンプするとき、ひざが痛い
  • スポーツするとき、すねや太ももが痛い
  • スポーツしたあと、身体に痛みが残る
  • オーバートレーニング気味だと感じる

上記のような症状があれば、できる限り早めに当院へご相談ください。
当院はさまざまなジャンルのスポーツ障害に対応しております。国体選手などトップアスリートの治療実績も豊富ですので、ジュニアのみなさんや親御さまのご質問にも的確にお答えすることができます。

今、痛みに悩まされているみなさん、その痛みには必ず原因があります。

当院ではスポーツや日常生活の話をしながら診察することで、その原因を突き止め、治療・改善方法をご提案します。早期に治療をスタートすることで痛みもケガの程度も軽くすみますし、回復も早くなります。反対にケガをかばいながら競技を続けていると、別の大きなケガにつながりやすいものです。
回復後、競技に復帰するときにはケガ前の動作がわからなくなったり、身体の感覚が以前と違ってしまったりなど、戸惑いもあるかもしれません。そんなときも当院はスポーツに打ち込むみなさんの悩みを聞き、必要であればアドバイスをさせていただきます。

ケガをしたら1日も早く診断と治療を。

ケガの後もケガを繰り返さないためのアフターフォローを。そして、普段からケガしづらい身体づくりを、当院はトータルでサポートいたします。

テニスひじ(上腕骨外側上顆炎)

【原因・症状】

おもに、ひじから先の外側の筋肉を使い過ぎたときや、過度のストレスを受けたときに起こります。
ラケットなどをつかんで持ち上げる動作や、タオルをしぼる動作などで痛みを感じます。
テニス選手に多いことから、「テニスひじ」と呼ばれています。

【治療法】

まず腕の筋肉を緩め、患部を冷却することで炎症を取り除きます。
運動時には専用サポーターやテーピングをお勧めすることもあります。サポーターやテーピングは常時装着していると血行不良を起こす可能性があるため、適度な装着が重要。当院はテーピングの技術にも優れ、パフォーマンスを上げるテーピングを提供できます。

野球ひじ

【原因・症状】

ボールを投げ過ぎることにより、ひじの外側で骨と骨がぶつかり、骨・軟骨の傷みや剥がれが生じます。内側で軟骨や腱、靭帯が傷み、投球時や投球後に痛みを感じます。

【治療法】

投球練習を休止し、安静にします。ただし、過度の安静は回復を遅らせることもありますので、少しずつ痛みの少ない動作から練習を再開します。

ジャンパーひざ

【原因・症状】

ランニングやジャンプを長時間繰り返すことで起き、オーバートレーニング症候群とも呼ばれます。靭帯と腱が骨に密着する部位でストレスが生じ、組織の小さな損傷などをひき起こします。

【治療法】

痛みを放置せず、運動後のアイシングなどで炎症を抑えます。安静にすることも大切ですが、様子を見ながら練習を再開します。

シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)

【原因・症状】

走っているときやジャンプするとき、すねにある複数の筋肉が引っ張られ、骨との接合部分の骨膜に炎症が起き、痛みを生じます。陸上競技などで見られる症状で、放置すると疲労骨折につながります。

【治療法】

まず炎症を起こしている筋肉の緊張をとる治療をおこないます。骨膜炎部分を冷却して、物理療法などを実施し、早期回復をめざします。

オスグッド

【原因・症状】

成長痛ともいわれ、成長期に激しい運動をすることで、ひざ周辺の筋肉に炎症が起きて痛みを生じます。同じ動きを繰り返すことにより身体がゆがみ、片方のひざに負担がかかることも原因のひとつです。

【治療法】

患部の冷却やマッサージとともに正しい動き、運動機能を改善させます。早期回復をめざし、再発させないことが重要です。

side_inq.png