あらき接骨院ブログ

tel_sp.png

2012.06.21更新

台風4号が通過し、暑くなるかと思いきやよく降りますね。
梅雨って感じの天候ですね。
雨の日は怪我も多くなります。

傘を差しての移動が多くなります。
視界も良くないのでご注意を。

また道、マンホール、階段は滑りやすくなります。
転倒しないよう気を付けて。
あらき接骨院の入り口でも階段があります。
タイルなので特に滑ります。
来院の際はご注意してください。


写真は先日、患者様からいただきました。

左は東京、右は宮崎のお土産です。

皆様にこうしてお土産までいただき感謝感謝です。
いつもありがとうございます。


怪我はしないのが一番ですが、
してしまっての放置が一番よくありません。
痛みが出たら一日でも早くの治療をお勧めします。

投稿者: あらき接骨院

2012.06.19更新

先日の最年少記録に続き本日は最重量の患者さんが来院。
彼は前院長の時より知っている患者さん。
なんと体重が155キロ(+o+)
さすがあらき接骨院のベッドも悲鳴をあげます(笑)
なので特別に2個使い。
最高では160キロ以上ありました。
えっ?なにかスポーツしてるの??って。
もちろん日本の国技である相撲です。

実は彼は高校横綱です。
一時はプロの道も考えていた彼ですが今は母校へ戻り後輩の育成に頑張っています。

そしてなんと母校も5年ぶりに県優勝を果たしインターハイの切符を!!
さすがです。
次の世代にも残すことは大事なことです。
彼も教え子に体でまだまだ教えてます。

自身も今年の国体代表としてしっかりと結果を残してきています。
あらき接骨院ではこのような選手もしっかりとサポートしていきます。
 
ベッドが泣いている(泣)

投稿者: あらき接骨院

2012.06.15更新

本日、保育園の先生から連絡があり、
「先生また肩が抜けてしまったかもしれません。診ていただけますか?」
と電話がありました。

すぐ近くなので5分もしない間に来院。
女の子が先生に抱えられながら。
年齢を聞くと1歳7カ月!!!!!!
今までは2歳半くらいだったので最年少記録です((+_+))

いざ診察してみると、抱えられながら腕はだらんとしている。
動かしたくない様子。
抱えられながら来院した時は泣いてなかったのに触ろうとすると号泣・・・。
触診すると肘と肩に異常が...。

肘をまず整復。すぐに整復されて動くようになる。
肩の大きな変位もなくパッチという音とともに整復完了。
でも、こわいのか動きの確認をしようとすると泣く。
整復確認に用いたのがみんなのアイドルどらえもん\(^o^)/

手を伸ばして取ってくれて一安心。
怖がっていたのにバイバイもしてくれて元気に帰ってくれました。

乳幼児はまだ骨や関節がしっかりしていないので抜けやすい。
今回は遊んでいるときに強い力が入ったのが原因でなってしまいました。
無理に引っ張らないように気を付けてください。


気になることがあればお気軽にご連絡ください。
tel:06-6431-1051
e-mail:aizac.araki@gmail.com


投稿者: あらき接骨院

2012.06.07更新

本日、先日書いたように全国を目指して大会に臨んでいた学生が来ました。
新聞で結果は知っていたのですが内容までは知らなかったので。

内容を聞くと団体が非常におしい結果でした。
あと一歩で全国まで手が届く内容だったそうですごく悔しがっていました。

とりあえず個人で全国の切符は獲得したのでよかったと思います。
でも、団体で行きたいという思いは大会前から聞いていたのでそこには残念...。

でも、まだ次のステップがある。
全国では悔いの残らぬプレーをしてきてほしいです\(^o^)/

大阪の高校へ行った学生も団体&個人で出場が決定!!
同じ高校で団体メンバー5人中3人も入っているので応援にも力が入ります。

みんなの頑張りを頂き自分もしっかり頑張っていきたいです。

投稿者: あらき接骨院

2012.06.01更新

本日より兵庫県の高校総体が本格的にスタート!!
競技によっては少し前からスタートしてますが今週はどのクラブも最終日を迎えます。

当あらき接骨院(Aizac尼崎)に来てくれている学生も眼の色を変えて頑張っています。
大阪の学校に行った学生が全国決まりました!
って聞くとやはりうれしい。
みんなのこの声は自分にも院にも明るい話題だ。

全員が手にできる切符ではないがここの舞台で頑張るためにみんな厳しい練習をしてきた(^○^)
悔いが残らぬように精一杯楽しんで力を出し切ってほしい♪♪

中には捻挫や挫傷、肉離れなどの怪我をしながらも頑張ってプレーしている選手もいる。
結果を出すために猛練習してきているのだ。
そんな子たちを少しでも力を出すサポートをしている。

先輩の先生も学生のために頑張ってサポートしているのを聞いた。

自分も少しでもサポートしてみんなに笑顔で舞台に立ってもらいたい。

投稿者: あらき接骨院

side_inq.png